ガソリン節約のコツ

ガソリン節約のコツについて

乗る頻度


ガソリンを節約するのにもっとも効果的な方法としては「乗らない」ことも1つの選択肢であると言えます。しかし、この選択肢の前提としては「公共交通機関 が発達している地域であり、車を使わなくてもある程度の移動が出来る地域」に限られてきますので、まずそれを頭に入れておかなければなりません。

 

なぜなら ば、公共交通機関が発達していない地域においてはスーパーまで車で30分、コンビニまで車で15分などと言うのが当たり前でありますし、職場への通勤にお いても車通勤が必須であるなど車は生活の必需品であるからです。それを前提とした上で乗らないと言う選択肢を考えてみると、まずは通勤や移動に公共交通機 関の電車やバス、地下鉄などを利用することです。確かに交通費は普通であれば現金やカードでかかりますが、定期などを買い求めてしまえばいくらかの割引が 利きます。

 

こうすることで、自分の車にはいっているガソリンを使わずに移動が出来ますからガソリンの節約になります。それから買い物も宅配やネットショッ ピングなどを利用することで、自分でガソリンを使って店に行くよりも、同じく節約が可能になります。それから車ではなく運動のために自転車を使うことで も、ガソリンの節約になります。

 

 

 

 

 


自動車のチェック


自動車のガソリンを節約するポイントとして、スムーズな運転も方法のひとつです。しかしながらその他にも車の状態を見直すことによって、燃費の向上とガソ リンの節約につながっていくことを覚えておきましょう。たとえば、自転車に重い荷物を載せて走った場合と、何も載せずに走った場合でくらべてみると、重い ほうではハンドルの利きもブレーキの利きも悪くなりますし、加速もにぶくなってしまいます。

 

これは自動車でも同じことが言えます。たとえば、キャンプのと きに使ったキャンプ用品やスキーのときに使ったスキー板、それからトランクに入れっぱなしの荷物があれば、それを車から降ろすことで車全体の重量が軽くな るわけですから、その分微々たる量ではありますがガソリンの節約につながります。

 

それからタイヤの空気圧、ブレーキパッドなどの点検をして、消耗していた ら交換することでも同じく走行性能が向上することによりガソリンが節約出来ますし、オイルが黒ずんでいたら新品のオイルに交換することでエンジンの性能を 上げることも出来ます。このように、見えない部分も見える部分もガソリンの節約につながっているところはたくさんありますので、今いちどチェックしてみま しょう。

 

 

 

 

 


ドライビング


車を運転するときに、急ブレーキや急発進、急ハンドルの多い人の助手席や後部座席などには出来ることであれば座りたくありません。ガックンガックンとゆれ ますし、気持ち悪くなりますし、まわりの迷惑にもなって事故につながりかねないからです。

 

しかし、これ以外にももうひとつ乗りたくない理由としては、それ が家族所有の車であった場合に燃費が悪くなってしまうことも挙げられるからです。人間でたとえてみると、最初に100メートルを全力でダッシュしたとしま しょう。それから急に停止して、さらにまた急に走り出し、右へ左へ急な方向転換をする。これをこの文字だけで見たとしても気分が悪くなってきますし、実際 にやってみると身体に深刻なダメージや負担が掛かることになります。これが自動車の運転にも同じことが言えます。

 

急発進や急ブレーキを繰り返せば、それだ けでガソリンの減りは早くなりますし、タイヤやオイルなどの消耗も早くなります。車に与えるダメージはそれだけ多くなると言うことですから、も思考した運 転に自分が心当たりガル場合、それから周りの人でこうした運転をする人が居たとしたら、どちらの場合でもスムーズな運転を心がけるようにすることで燃費の 向上につながっていくのです。

 

 

 

 

 


車の使用に関して


family480

 

自動車はエンジンをかけて、タイヤを動かして、どこへでも移動することの出来るいわば「魔法の絨毯」のような存在であります。しかしながら、最近ではその エネルギーの不足が問題ともなっています。中東の治安の悪化であったり、化石燃料の枯渇の心配などさまざまな問題が重なった結果、ガソリン代の高騰などに つながったのが今のガソリン事情であるとも言えるでしょう。

 

そんなガソリン事情は一般家庭にも大きな影響をおよぼして来ました。都市部に住んでいる人であ れば公共の交通機関であるバスや電車、地下鉄などを使ったり、運動も兼ねて自転車に乗ると言う選択肢がありますが、こうした公共交通機関が発達していない 地域では車の通勤が必須になっていることもめずらしくありませんので、必然とガソリンに対しての意識も高まってきます。

 

また都市部に住んで自動車を持って いる人でも燃費への意識は高まってきており、どうしたら燃費をよくすることが出来るのかという試行錯誤がなされる時代になりました。一昔前はスポーツカー や高級車などがステータスとなっていた時代でしたが、これもまた、車の時代のうつり変わりをあらわしている背景であると言っても過言では無いと見て取れる でしょう。