ガソリン節約のコツ

ガソリン節約のコツについて

年間コスト


ミュゼプラチナム 八王子店舗情報

ミニバンの燃費とそれにかかる年間のコストを計算すると、走行距離が1万キロを超える人であると、かなり金額的な影響がみられます。具体的にガソリンが1リットル150円程度の金額であると換算すると、1キロであれば、燃費が10キロメートル程度であれば、15万円程度が必要になることになります。一日平均して30キロメートル程度を乗車する人であれば、この程度のガソリン代が必要になると予想されるので、決して燃費は無視できない数字なのです。特に、市街地を走行することが多い人などは、メーカーが発表している燃費よりも悪くなるのでより負担は大きくなります。

 
通勤で使用することを前提としてミニバンを購入するときには、この燃費の負担を少なくすることで、ガソリン代の固定費を少なくすることが可能です。意識していないと、燃費の分だけ固定コストとして負担が大きくなってしまうので注意してください。無駄の無いように出来るだけスマートなミニバンを選択して、長期的なコストを減らすように務めるとよいでしょう。中古車の場合、発表されている燃費より老朽化のために悪くなっていることや、車種が古くなっているので、現代の燃費と違うことがあるのでよく比較するようにしてください。

 

 

 


アイドリングストップ


ミニバンの燃費を向上させようと思ったときに、一つの手段として「アイドリングストップ」という方法があります。これは、走行時に赤信号などでエンジンをつけたままであると、その分だけガソリンが使用されてしまうので、停車時にはエンジンを切るという方法です。現在では大型車両のバスやトラックで導入されていますが、この機能がすでに導入されているミニバンのタイプもあります。当然、うまく活用すれば燃費の削減になるので、長期的なコストの負担の軽減につながることは間違いありません。

 
実際にアイドリングストップを意識して運転すると、走行時に不便を感じたり、エンジンをつけているものと思ってアクセルを踏んでしまうなど、事故の原因にもなることがあるので注意が必要です。特に慣れないで、エンジンを2度ふかしてしまうようなことになると故障の原因にもなるので、無理な運転は可能な限り回避するようにしておくことが望ましいといえます。アイドリングストップに関しては、きっちりと性能を見極めたうえで、余計な負担を減らして運転するように心がけておくようにしてください。ミニバンの燃費の向上にも役立つので、出来る時にうまく活用するようにしておくことがよいでしょう。

 

 

 

 

 


ミニバンの平均燃費


ミニバンの平均燃費はおおよそメーカーによって違いますが、ガソリン1リットルあたり12キロ程度から、良いものでは15キロ程度です。唯一、トヨタのハイブリッドカーとして発売されている「プリウスα」は、ハイブリッドの特徴を生かした性能を加味しているため、燃費が20キロ近くあるなど、群を抜いています。もちろん、これはハイブリッドというガソリンと電気を効率よく加味した結果であり、その分だけ本体価格が高く設定されています。ミュゼプラチナム 立川の店舗情報はこちらです。

 
そのほかのメーカーでは、「ホンダ ハイブリードハイブリッド」も同じくハイブリッドであるということもあり、燃費が非常に優れています。ミニバンは普通乗用車に比べて、車両の重量が重くなってしまうため、市街地などを走行することを考えると、燃費は悪くなってしまいますが、ハイブリッドカーであれば、無駄なエネルギーを電力に変えることで、従来のガソリン車では考えられない燃費を実現しているので、その分を考慮すると燃費面は各段とよくなることになります。特に普段から長距離などを運転することが多い人で、人を多く乗車させることを予定している人には、ハイブリットカーのミニバンタイプはお勧めなので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 


ミニバンの実燃費ランキング


ミニバンは「エコカー」が登場してから低燃費というイメージがあります。もちろん、外車でゴージャスに内装されたミニバンなどは燃費よりも、贅沢さを前面に押し出しているので、必ずしも全てのミニバンの燃費が優れているわけではないことが注目されるところです。一つの目安としてミニバンを購入するときに「実燃費」がどのくらいなのか、インターネットや購入先のカーディーラーに確認してみるとよいでしょう。

 
ミニバンで圧倒的に燃費が優れている車として注目されているのは、トヨタの「プリウスα」で19キロメートル以上の燃費で、圧倒的なエコカーとしての存在感を出しています。続いてハイブリッドカーを販売しているホンダの「ホンダフリードハイブリッド」の2種が2,3位と続いています。おおよそ16キロメートル程度なので、プリウスに比較するとやや燃費面では落ちますが、ホンダならではの軽快な走りを期待したい人には人気が集まっています。その後、トヨタのハイブリッド車である「エスティマ」「アルファード」が燃費の高い順番に続いてきており、日産で発売しているアイドリングストップの機能を備えた「セレナ」も燃費面で優れていることが知られています。

 

 

 


日本と外車のミニバンの燃費の違い


ban400

 

日本と外車のミニバンでは、形状や用途も違うので同じ価格でも使い勝手や狙いを絞り込むことが大切です。日本のミニバンは、家族で乗車することを基本的に目的としています。商業車も若干ながら流通していますが、基本的には家族で乗車することを目的に作られています。そのため、乗車するときには日本では家族でわいわいと乗ることが前提となっているところがあります。それに対して、外車のミニバンの場合には、完全に商業車として作られているタイプがあります。こちらは、低燃費で車内が広く設定されており荷物もゆうゆう積み込むことができますが、その反面、ファミリータイプとして楽しむことは難しいことがあります。

 
外車のミニバンでも、ベンツのような高級車のタイプは、3ナンバーで発売されているように排気量が大きいため、その分だけ燃費が悪くなります。高級車志向の日本車のミニバンも同様で乗用車から比べるとかなり燃費面では悪くなることは否めないでしょう。具体的には1リットルあたり、数キロメートル程度は違いが発生することも少なくありません。外車のミニバンではガソリン一リットル当たりにつき、十キロメートルを下回るミニバンもあるので、価格だけではなく長期的な燃費も計算に入れておくことです。